大阪とマニラの遠距離恋愛をコミカルに描いた大人のラブコメディー映画『インスタント・マミー』

2014年3月7日(金)~16日(日)の期間、大阪で開催される「大阪アジアン映画祭」(OAFF2014)にて、フィリピン映画『インスタント・マミー』が特別招待作品部門で日本初上映されます。

『インスタント・マミー』は、フィリピンの人気女優ユージン・ドミンゴが主演の最新コメディー映画です。

ユージン・ドミンゴと言えば、フィリピンではコメディ女優として非常に有名ですが、東京国際映画祭では『ある理髪師の物語』でシリアスな演技により、見事に最優秀女優賞を受賞しています。

『インスタント・マミー』は、大阪に住む男性とマニラの独身・妊娠2か月女性の遠距離恋愛から展開する大人のラブコメディー映画です。

ユージン・ドミンゴは、独身・アラフォー・妊娠2カ月のCM衣装係見習い。日本人の恋人をつなぎとめるため、あるとんでもない計画を実行……。騙し騙されの爆笑恋物語が展開します。

『インスタント・マミー』 上映スケジュール

3月9日(日)12:30~ シネ・ヌーヴォ

※3月12日(水)18:30~ シネ・リーブル梅田

3月14日(金)14:45~ シネ・ヌーヴォ

※ゲスト登壇予定
3月12日(水)シネ・リーブル梅田での上映に際しては、 監督のレオ・アバヤ、主演女優のユージン・ドミンゴの登壇が予定されています。

『インスタント・マミー』のオリジナル予告編&ポスター

)
フィリピン映画『インスタント・マミー』ポスター1 フィリピン映画『インスタント・マミー』ポスター2

『インスタント・マミー』作品データ

 
タイトル
邦題:インスタント・マミー / 原題:Instant Mommy
監督
レオ・アバヤ(Leo ABAYA)
脚本
レオ・アバヤ(Leo ABAYA)
キャスト
ユージン・ドミンゴ(Eugene Domingo)、松崎悠希、ルイス・あランディ(Luis Alandy)、シャメイン・ブエンキャミノー(Shamaine Buencamino)、リコ・J・プノ( Rico J. Puno)、 他。
製作年、製作国、言語
2013年、フィリピン、フィリピン語・英語・日本語
スタジオ
Cinemalaya、 Quantum Films
上映時間
102分
公式サイト
公式フェイスブック:INSTANT MOMMY

第9回大阪アジアン映画祭(Osaka Asian Film Festival 2014)とフィリピン映画

  • 開催期間:2014年3月7日(金)~16日(日)
  • 会場:梅田ブルク7、ABCホール、テイジンホール、シネ・リーブル梅田、シネ・ヌーヴォ、大阪歴史博物館、他
  • チケット:2013年2月15日午前10時よりチケットぴあ他で発売。
    チケットの詳細
  • 主催:大阪映像文化振興事業実行委員会
  • お問合せ先:大阪アジアン映画祭 運営事務局
    〒530-0014 大阪市北区鶴野町4番B-801(NPOコミュニティシネマ大阪内)
    TEL.06-6292-6199 FAX.06-6373-1213
    ※電話でのお問い合わせ:平日10:30~18:00
  • 公式サイト:大阪アジアン映画祭
  • Facebook:大阪アジアン映画祭 Osaka Asian Film Festival | Facebook
  • ツイッター:@oaffpress

今年で第9回目を迎える「大阪アジアン映画祭」は、「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をキャッチフレーズに、日本未公開のアジア映画が紹介される映画祭です。

今年は、特にフィリピン映画の上映が多く、コンペティション部門にて『アニタのラスト・チャチャ』、『もしもあの時』、『シフト』の3本が出品。

さらに、特別招待作品部門では『ブルー・ブースタマーンティー』と『インスタント・マミー』が上映されます。

近年、世界でも高い評価を得ているフィリピン映画のニューウェイブに触れるチャンスです!