フィリピン南部スリガオ付近に発生した地震で負傷者

2012年3月16日未明(現地時間:午前3時58分03秒)、フィリピン南部のスリガオ付近で、マグニチュード5.9の地震が起こりました。

フィリピン火山地震研究所 / PHILIPPINE INSTITUTE OF VOLCANOLOGY AND SEISMOLOGY によると、震源地は、 北緯:09.94、西経125.58°ディナガットの西。

スリガオでは、ショッピングモールなどで買い物客が将棋倒しとなるなど、数十名が負傷した模様です。

フィリピンの科学技術省の火山地震研究所によると、各地の震度は以下の通りです。
※日本の震度とは、尺度が異なります。

  • 震度6 – Surigao City
  • 震度5 – General Luna, Surigao del Norte; Basilisa, Dinagat; San Ricardo, Southern Leyte
  • 震度4 – Carrascal, Surigao del Sur; Tandag City
  • 震度3- Tolosa and Tacloban Leyte; Davao City; Bislig City; Borongan, Oras, Sulat, Dolores, Eastern Samar; Cateel, Taragona, Davao Oriental; Cagayan de Oro City; Cagwait, Surigao del Sur; Catbalogan, Samar; Maasin & Hinunangan, Southern Leyte
  • 震度2 – Cebu City; Butuan City; San Agustin, Surigao del Sur
  • 震度1 – Hibok-Hibok, Camiguin
スリガオ付近の衛星写真

地震の震源地

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

参考サイト

フィリピン火山地震研究所 / PHILIPPINE INSTITUTE OF VOLCANOLOGY AND SEISMOLOGY
フィリピン火山学・地震学研究所 / Phivolcs: PHILIPPINE INSTITUTE OF VOLCANOLOGY AND SEISMOLOGY のサイト内に、今回のスリガオ地震に関する情報が掲載されています。

コメントを残す