在フィリピン日本大使館が東日本大震災追悼・復興式典を開催/2012年3月11日(日)

在フィリピン日本国大使館は、震災1周年を迎える2012年3月11日(日)、フィリピン大学の協力を得てフィリピン大学ディリマン校ケソンホールで東日本大震災追悼・復興式典を開催します。

在フィリピン日本国大使館は、震災被災者への追悼を行うとともに、復興に多大な支援と貢献をしたフィリピン政府・国民への感謝を伝え、両国の深い絆を確認しながら日本の復興の姿をアピールする、としています。

同式典では、黙祷、ご挨拶、感謝状授与が行われる他、高円寺阿波踊りグループ菊水連とフィリピン大学チアーダンスによるパフォーマンスが予定されています。

また、フィリピン大学フィルムセンター内 Ishmael Bernal Gallery では、2012年3月7日~ 21日の期間、復興写真展(入場無料)も開催されます。

なお、式典への参加は、安全対策上3月3日までに事前登録が必要となります。

Quezon Hall Oblation
Quezon Hall Oblation / bonarae
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

東日本大震災追悼・復興式典の概要

  • 日時: 平成24年3月11日(日)
    受付開始時間:午前7時30分
    行事開始:午前9時~11時
  • 場所: フィリピン大学ディリマン校ケソンホール Quezon Hall, University of the Philippines, Diliman, Quezon City
  • 参加申込方法
    参加申込書: Excel / PDF に必要事項を記入して、3月3日までに下記まで送付。後日、招待状が Email 又は FAX で送付されます。
    電子メール:  protocol@ma.mofa.go.jp
    FAX 02-551-5780、02-551-5781
  • 問い合わせ先:総務・儀典班 02-551-5710 内線 3213 、 3212 、 3211
  • 在フィリピン日本国大使館のサイトに詳細情報が掲載されています。

コメントを残す