震源地、被害

2月6日午前11時49分(日本時間12時49分)ごろ、フィリピン中部でマグニチュード6.8の地震が発生。政府当局によると7日時点で43人が死亡。負傷者と行方不明者も多数いるもようです。

震源地はネグロス島の東側に位置するドゥマゲテの北70キロ沖で、震源の深さは約20キロです。ちょうど、ネグロス島とセブ島の間の狭い海峡で発生した形となります。

地震による被害が一番、大きかったのは震源地に近いネグロス島沿岸の人口10万人の都市ギフルンガン / Guihulnganで、新聞報道によると39人の死亡が確認されています。地滑りによる犠牲者が大半の模様です。一部の民家のほか、裁判所や市場の一部、橋が崩壊し、電話回線も不通。ネグロス島の広い範囲が停電になるなどインフラに被害が生じています。

Negros Oriental earthquake evacueesNegros Oriental earthquake evacuees / Wildflower Judy

地震発生当日、震源付近では、200回以上の余震が記録されているほか、地震から6時間以上経過した後にもマグニチュード6.2の余震が発生しています。

日本人も多くいるセブ島でも、地震直後、ほとんどの学校は休校となり、セブで一番大きなSMデパート、マクタン島のガイサノグランデ、ガイサノマクタンも直営業を中止。地元のフィリピン人が地震に不慣れなこともあって、セブ市全体がパニックに近い騒ぎだったようです。

なお、2月7日フィリピン観光省は、「観光施設の被害報告もありませんので、渡航にはまったく問題ありません。」とアナウンスしています。

ネグロス島、セブ島などヴィサヤ地方の震度マップ

フィリピンのjuan paolo さんが、ヴィサヤ地方の各地の震度をグーグルのマップメイカーを使ってマップ化しています。

※地震の揺れの程度を表した「震度」には、実は国際標準がありません。国ごとにばらばらな指標が使われています。 日本では独自の気象庁震度階級が使われており、フィリピンのものとは異なります。


より大きな地図で Visayas Earthquake 2012 を表示

追記:
まとめサイト、NAVER に、M6.8の地震が起こったときの現地の様子がまとめられています。

ネグロス島での地震の様子

Bay of Guihulngan Neg. Or.Independent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd FellowsIndependent Order of Odd Fellows

ネグロス島・セブ島地震関連のブログ

コメントを残す